HOME

Japan-Korea Environment Gathering
海洋エネルギー研究は午前9時から17時30分まで、09月24日火曜日に毎年恒例のオープンデーの研究を開催している。
欧州海洋委員会の科学長官、および継続的な経済闘争に直面して環境を優先する方法に焦点を当てています、主要国である英国のサステナビリティ活動家など、専門家からの演説があります。
研究所研究リーダーはまた、エネルギー、生物多様性と生物資源、気候変動などの分野における優先事項に対処する一方、参加者はポスターやネットワーキングセッション中に研究者を進めるために、問題を議論する時間があります。午後は、環境からの健康のための大学のセンターの研究を強調する特別な時間が開かれます。
NUIゴールウェイでライアン研究所所長によると
グローバルな懸念は、私たちの地域にどのように関連するかを理解し、同様に世界的な文脈で現地調査する事が研究所のためにも重要です。
年間の研究デーは地域社会と私たちの情報を共有し、利益を得ることを目指して誰のために必要かを考え洞察をするための機会を提供しています。
研究所と戦略開発マネージャが追加されました
研究内陸漁業アイルランドの開発の責任者を歓迎しています。主要な養殖操作が可能な西への開発に関心をもつ事と、次のQ&Aに関心があるように期待しています。
ライアン研究所の研究日は午前8時30分初日で、Orbsenビル、NUIゴールウェイで行われます。調査日の出席は自由でです。

Recent Articles

RSS

Recent Articles

RSS